もちっこぺたぺた

motipeta.exblog.jp ブログトップ

先日の黒雷戦での立ち回りなどなど

一晩寝てすっきりした所で昨日の黒雷戦を思い出しながら書いてみます。
実装から
「因果応報・回復参・全体回復参・大往生・英明参・全体解呪弐・生命吸収・罰当たり四・大喝破」
以上です。
構成は
武芸・暗殺(知力)・古神・鎧鍛冶2人・僧兵・神通
最近減ってきた鍛冶2構成ですね。
でも鍛冶さん片方は鎧の極みがノーマルだったので、特化といっても罵倒ぐらいかもです。
陣形は車のみで行きました。

では立ち回りについて
開幕詠唱を貰う事にして、鍛冶さん片方に英明メッキ→2手目と3手目に全体回復
個人的には2手目に全体行った後にすぐ罰張りたい所でしたが被ダメが多かったので回復入れまして、4手目に罰当たり。この頃になると薬師さんにも詠唱が付いてるので回復お任せしました。
鍛冶2の構成で意識しておきたいのはヘイトの高い人に絶対攻撃が漏れる事です。
1は釣りでなんとかなりますが、お供の攻撃が絶対に漏れてきます。
お供の攻撃を僧が受け切れるかが安定に繋がるので、ヘイト稼いだと思ったら早めに罰当たり(他特化なら仏の加護)など張ると良いですね。

因果応報は便利です。ですが盾にはあまり張りません。極み2枚以上あれば相当被ダメが減るので、回す優先順位としては神職(神の加護入って無い場合)→アタッカー→薬師→サポ→盾ぐらいの感覚でしょうか。
盾に回すのは終盤に敵の数が3体ぐらいになってからで、この頃だと結界を割れないように常に維持する事が可能です。
あとは極みが飛んだ時に緊急措置として盾に入れる事もあります。

そして大喝ですが非常に良い技能です。1にはあまり効きませんが(汗
僧兵ならではといった立ち回りを可能にしてくれます。
サポート職をやった事の無い方には少し難しい話になるかもしれませんが、黒雷では23沈黙維持これはほぼ必須と言いますか、放置すると祝福がいやらしいです。
そして沈黙は2回連続でレジられると、どちらかの沈黙が消えます。また1回レジられて、他に準備きてる際にそちらに回ってしまうと沈黙が切れてしまったりします。
そういう時に大喝で沈黙が切れたのを止めると、非常に良い行動阻害になったりします。
サポがなんらかの行動→自分が沈黙切れたのに大喝→沈黙必須対象
こういう行動順番になるのが理想的です。自分がサポより早く動いてしまうと、次ターンのサポの行動前に沈黙必須対象が動いてしまうので意味がありません。
サポート・アタッカーが見れていない準備を見て止める事が出来る・・というのは言うまでもありませんねw

当たり前の事を書きますが、僧兵は仏門に比べて回復量が非常に少ないです。その差を埋める為には僧兵も特化技能によって補わなければなりません。回復量が足りなければ被ダメを抑える。僧兵にはそういう動きが出来る事を己が知り、また認知されて行かなければなりません。
僧兵らしさというものが伝われば、ボス戦での僧兵不遇というのは無くなると思います。

しかし、狩りで枠が少ないのはどうしたものでしょうか@@;
[PR]
by motipeta | 2006-07-08 13:19 | 信on
line

餅の信長の野望オンライン 活動記録:真紅さば


by motipeta
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31