もちっこぺたぺた

motipeta.exblog.jp ブログトップ

ゲリラについて。

今回はゲリラ後副以降のお話です。

朝倉中先の印牧さんは抗術という術のダメージをカットする技能が入ってます。
印牧さんにゲリラで行く時に「陰陽師さん入らないでください」
って言えますか?
私は言えます。
仕様で陰陽師が非常に難しい設定にされているからです。

では本題
後副ゲリラを想定して考えてみましょう。
後衛は大概なんでも大丈夫だと思うのですが、
神(特化問わず)、薬(特化問わず)、僧(特化問わず)
この辺は何が入っても大丈夫だと思います。

問題は盾です。
中陣7以降は攻撃も痛いので盾が必要(必須?)です。
中陣7体は徒党で構成考えれば軍学でも盾は一応可能ですが
ゲリラなので構成自体が適当です。
軍学盾ではすごい運が良くないとほぼ耐えれなくて死ぬ事間違いなしです。
侍の盾能力では武士道だけが盾として機能し得ると考えていいでしょう。

では鍛冶が入ればどうなるか
鎧でも刀でも物理攻撃に対しては耐えれます。
ですが、看破無いですしみね打ちに相当する技能もありません。
出来る事は盾のみ(腕力装備ならアタッカーも可能だけど主流じゃないので除外)
私の経験上、鍛冶2(盾)だと武将では非常に厳しいです。
通常でも厳しいのにゲリラで鍛冶2になると勝率はすごい下がると思います。

軍では盾が厳しい・鍛冶で2枠取るとアウト
リスクが高いと思います。
武士道集めて「盾は武士道限定です。軍学・鍛冶さんは入らないでください」
私には言えません。
武士道の取り付きに期待してゲリラ行くという事もやろうと思いません。

もし行こうというのなら、まず徒党を組んで
盾鍛冶2・もしくは軍盾(軍2枚でも可)の構成で安定して倒せる事を証明して欲しいです。
この構成において安定して倒せる事が出来るのなら、ゲリラで撃破もある程度の見込みができますね。
[PR]
by motipeta | 2006-09-20 15:56 | 信on
line

餅の信長の野望オンライン 活動記録:真紅さば


by motipeta
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31