もちっこぺたぺた

motipeta.exblog.jp ブログトップ

同盟話2

えっと、まとまりませんでしたw
前日の雰囲気だと一色で決まるかなと思いきや、いざ決取ってみると分かれた感じでしたね。

賛成派の意見にはすごい疑問が残る。
三国同盟によっての戦力UPというのは、期待してはいけない事だと思う。
やっぱり三国が自国合戦持ってるので自滅して行くか、今までと変わらないか。
三国が共に疲労して行くだけだと思います。

あと何度も言ったけど、浅井と織田家の敵対に関しては浅井の滅亡で上杉が困る事になったとしても、本願寺としてはどちらかというと織田家を応援しなければいけない立場。
ただ滅亡で上杉が本当に苦しい立場に追い込まれる事を考慮すれば、どちらにも付かない中立的な立場であるべき。
というより、本願寺としてはここまでしか出来ない。
どちらかに寄れば、どちらかは不満に感じるだろう。
織田に寄れば上杉は本願寺を切る事になるかもしれないし、上杉支援(浅井支援)に動けば敵対同盟である織田は敵対同盟である事に疑問を感じると思う。

前回のにも書いたけど、同盟したいというなら障害をクリアする案を考えて欲しい。
織田家に対してどうフォローするつもりなのですか?
という質問に対して、織田家は納得してくれると思うとか、織田家は除いて考えるべきとかは誤魔化しにしかならない。
本願寺と足利が同盟する事による、織田家が受けるだろう不利益をどうカバーして行くのか?
具体的な案を出して頂きたい。

現在国力が満タンあり、合戦でも不利な状態な訳ではない。
武田家の介入によって大きく不利になるという事も考えられるのは分かるけど、武田家が来るという事はこちらも上杉家の支援を受けられる体勢を作れるという事。
急いで同盟を決めなければいけない要素は今の所ない。
織田家を納得させられる要素も無い。

反対派の出してる意見は感情論じゃない、具体的に障害となっているものがクリアできない。
足利家を見てもクリアしようという意思が見受けられない。
賛成派の意見からも障害をクリア出来る案が出てこない。

この事から、将来的に受ける事のあるだろうリスクに対して、それに見合うだけのメリットが見受けられないのだから同盟はするべきではないとしている。

この案件に対して、織田家へのフォローを考えずに賛成している人・ただ足利家が嫌いだからと反対している人は、本願寺に取っての利はどちらにあるのか良く考えて欲しい。
[PR]
by motipeta | 2007-07-11 02:58 | 信on
line

餅の信長の野望オンライン 活動記録:真紅さば


by motipeta
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30